Fujiwa Blog
おとーさん 2023.3.24

RJ-45のLANプラグピン折れ緊急修理にとても便利

富士和電子内には100台程のネットワークに接続する機器が生息しております。
ネットワーク線路の末端に必ず付いているのがRJ-45プラグ。
このプラグがツメ折れ状態放置(LANポートに刺さっているだけ)だとロック機構を失っているため
知らないうちに抜けてネットから切り離されてしまう状態(涙)になります。

 

ツメが折れた状態のLANケーブル(プラグ)

 

特に営業部門のモバイルPCはLANプラグの挿抜が多く一定期間経過後疲労からプラグのツメがほぼ100%折れます。

先日秋葉原の愛三電機様で店頭販売していたサンワサプライ製『RJ-45プラグSOS ADT-RJ45SOS-10』を見てこれはよい!と思い即購入致しました。目からウロコの画期的な商品です。折れたプラグにかぶせるだけで修理が完了します。
PCの機体によっては凸凹嵌合がうまくいかないものも有りますが大抵は大丈夫です。各色あってカワイイです。
緊急修理に最適ですので是非お試し下さい。代替LANケーブルを購入せずに済みます。

↑装着前

↑装着後

 

そうはいっても本格的に直すにはプラグ交換が必要になります。
ツメ折れの修理(LANケーブルコネクタ圧着)は『素人』&『近くのものが見えない自分』にとってはとても
大変な作業ですが当然ながら一番確実な方法です。

作業は、
・折れたツメのプラグをLANケーブルの根元からニッパーで切断
・LANケーブルの被覆ムキ
・LANケーブル8本の芯線を指で丹念に丹念にしごく
・LANケーブル布線を注意深くセット
・プラグに線を慎重に挿入
・圧着工具でプラグ圧着
・疎通確認
といった手順となります。

↑画像はプラグ圧着に必要な備品類となります。
沖電線製のプラグは廃番となり入手できませんが、買いだめ(デッドストック)してあるので
向こう数年は大丈夫です。

みなさんはWi-Fi接続でよいのでは?と思いますよね。
有線LAN信者のわたしとしてWi-Fiは目に見えないためあまり信じていません。HUBとネットワーク機器
をLANケーブルでつなげたい人なのです。

 

当記事RJ-45のプラグピン折れの事(無いか、、)、また富士和電子の本業である電子部品・電子機器・コネクタの販売カスタム(特注)電源の開発設計製造販売のこと。興味がございましたら是非お問い合わせくださいね。お待ちしております。

 

おとーさん

IT担当として電子計算機の配備・通信網整備・Accessで社内便利プログラムを作ることが好きな社歴33年のベテラン!?です。 プライベートは週末のフィットネスクラブ通いで苦手ダンスの克服(できていない)。 最近は簡単な料理とプランターの草花育てにはまっています。