Fujiwa Electronic Co.,Ltd 富士和電子株式会社
Contents Menu
・TOP
・会社案内
・電子部品・組立加工
・カスタム電源
・リクルート
・アクセスマップ
・拠点案内
・環境への取組
・CSR
・サイトマップ
・お問合せ
CSR宣言
一般事業主行動計画
     
一般事業主行動計画
  富士和電子株式会社は、次世代育成支援対策推進法に基づき「一般事業主行動計画」を公表いたします。
  次世代育成支援対策推進法とは
  次の世代を担う子どもたちが健やかに生まれ育つ環境 をつくるために、国・地方公共団体・事業主・国民が担う責務を明らかにし、集中的かつ計画的に取り組んで いくことを目的につくられました。(平成15年7月成立)
  一般事業主行動計画とは

企業が、従業員の仕事と子育ての両立を 支援するための雇用環境の整備や、子育てをしていない従業員も含めた多様な労働条件の整備などに取り組 むに当たり、策定する計画です。

  ■富士和電子株式会社 行動計画
 

「富士山の広大な裾野のように幸せの輪<和>を拡げていく」という理念のもと、富士和電子は常に人々・社会をより良くする為に真摯に考え、最大限の洞察力と創造力によって仕事に取り組み、社会に貢献することをミッションとしています。
そのミッション遂行の為にも、富士和電子は全社員が仕事と育児や今後増えていくことが予想される介護を両立させ、心身共に健康で幸せな人生を送ることができる会社であることを目指します。
それを可能とするワークライフバランスのとれた職場環境を創造するために、以下の行動計画を策定します。

  1.計画期間
 

平成28年9月1日から平成33年1月31日までの足掛け5年間

 

2.計画内容

  【目標1:年次有給休暇の取得の増加】
  《対策》
  @年次有給休暇等を申請し易くするため、日常の業務をいつでも他の社員が対応できるよう、部署毎に体制を整備する。
  A 年次有給休暇の取得状況を把握し、取得率の年間目標を定める。
  B 従業員が長期有給休暇を取り易いように、年間の休日設定を行う。

  【目標2:所定外労働時間の削減】
  《対策》
  @ 残業内容の精査と残業発生原因の明確化→残業発生防止のための業務効率化その他対策を部署毎に立案する。
  A 休日出勤は必ず振替休暇を取ることを通達する。
 
B 毎週水曜日(ノー残業デー)は定時退社を徹底する。
(朝礼で認識を促す、定時退勤を促す放送をする、イントラでメッセージを流す、消灯する、等)

 
【目標3:介護離職者ゼロの推進】
 
《対策》
 

@ 介護休業法を遵守することで介護離職者ゼロを推進する。
従業員に対して同法の改正があった場合、周知徹底する。
特に(1)介護休業の分割取得、(2)介護休暇の取得単位の柔軟化、(3)介護のための所定労働時間の短縮措置、(4)介護のための所定外労働時間の制限(平成29年1月1日施行:残業の免除)に注力して対応する。

 
【目標4:全社員の健康促進(健康診断での要再検査項目の減少)】
 
《対策》
 
@ 心身の健康増進並びに介護予防の為の知識獲得と実践のため、健康管理士による定期的なセミナー等による啓蒙活動を引き続き実施する。
 
A 健康診断結果に基づいた個別健康指導カウンセリングを行う。
 
B メンタルヘルスを含めた健康問題等、相談できやすい体制を整える。

  以上